Twitter自動化オススメツール

ブログやサイトのアクセスアップに書かせないTwitter拡散ですが、手作業でTwitterを育てていたら1アカウント育てるだけで非常に手間と時間がかかる上に、1度に作業するためアカウント凍結リスクも付きまといます。
今回の記事では、Twitterを育ててブログやサイトをアクセスアップさせる為のターゲティングノウハウと、Twitterを自動化する最強ツールをご紹介します。

拡散用アカウントはフォロワーの属性を重視する

一般的なノウハウでは、相互フォローを使用してアカウントを増やすノウハウが多いです。
しかしそれでは属性がバラけてしまい、コンバージョンが高くなる(商品が売れやすい)濃いユーザーを集める事は出来ません。

Twitterの基本は類似アカウントのフォロワーをフォローしていく

濃いユーザー(フォロワー)を集めるためには、自分が発信する情報やジャンルに興味のあるユーザーを集める必要があります。
例えばダイエット系であれば、ライザップやTANITA、ダイエット情報を発信しているアカウントのフォロワーをフォローしていくという具合になります。
初めから自分の発信する情報に興味のあるユーザーを集めれば、ブログを見られやすくなったり拡散(RT)が起きやすくなります。
フォローバックされやすくするために、呟きへのいいねは必須
Twitterのいいねに関しては、Facebookほど神経質になる必要はありません。
気軽に『読んだよ』という事を相手に知らせる程度の機能と思って下さい。
また、いいねを押すことによって相手からのいいねも返ってきやすくなります。
いいねを押されることにより、相手のタイムラインに表示されやすくなったり拡散されやすくなるので、スパムにならないようにいいねを欠かさずおこないましょう。

アクティブユーザーを集めるためには話題のツイートをリツイートする

自動化されているBOTアカウントではなく、欲しいのはリアルに動いているアクティブユーザーです。
話題のツイート(ハッシュタグ)は、その時アクティブなユーザーがツイート・リツイートしています。
その話題のツイートをリツイートしてり、話題のツイートを自分でも呟くことでハッシュタグからたどり着くユーザーを見つける事が出来ます。
また逆に、話題のツイートをツイートしているアクティブユーザーを見つけ出していいね・フォローして行くことも出来ます。

Twitterは複数アカウントを運用するのが最も拡散スピードが早くなる

1アカウントをそだててもいいですが、Twitterは複数アカウントを持つ事が出来ます。
その特性を利用して、1人で複数のアカウントを所有し、一度に大量に拡散させるという方法があります。
全てのアカウントでしっかりと属性を絞っていれば、大量の濃いユーザーに短時間で一度に大量拡散を行う事が可能です。

Twitterを使えばGoogleに頼らずアクセスを集め、ブラックな稼ぎ方で稼ぐ事も出来る!

検索エンジンではポップアップ広告を使っているサイトやコピペ記事のサイトを上位表示させなかったり、検索圏外へ飛ばしたりします。
つまり、ブラックな事をしているサイトやブログは検索エンジンからのアクセスが全く来なくなるという事です。
しかし、検索エンジンにはインデックスさせずにTwitterからの外部アクセスだけに頼るようにすれば、検索エンジンの影響を全く受けずに稼ぐ事も出来てしまいます。
ポップアップ広告で誤クリック誘導をし過ぎるとユーザーから嫌われますのでやり過ぎないようにしましょう。(笑)

最新記事以外に過去記事もランダムに呟いてアクセス数の底上げも狙うワードプレスプラグイン

基本的なwordpressプラグインやブログの機能では最新記事しか呟くことが出来ません。
しかし、一部のワードプレスプラグインに限り、最新記事から過去記事までランダムに呟くことが出来ます。
・○日前の記事まで呟く
・一度に○記事呟く
・○分おきに呟く
・URLを短縮する
など、非常に便利な機能が全て揃っている上に、無料で使う事が出来ます。

Twitterを完全自動化して面倒な作業からは完全におさらばしよう!

Twitterをアクセス集めや稼ぐ為に使うのであれば、自動化が必須です。
フォロワー集めやフォロワー整理、リツイート等、Twitterを完全自動化することによって手間と時間から解放されましょう。
何よりも、手作業では誰しも限界があり1人3アカウントが限界です。
さらに、話題のツイートをリツイートしたり呟いたり多くの呟きにいいねしたり…
面倒な作業はこのツールに全て任せて、ブログやサイト更新、マネタイズの部分に集中する事で、更に高い収益性を確保する事が出来ます。
時間を一切無駄にせず、ツールを使って得た自由な時間とお金はあなたの好きな事に使って下さい。