LINE@を使った具体的な稼ぎ方《LINE@集客編》

LINE@

凪です(=゚ω゚)ノ

今回はLINE@を使った具体的な稼ぎ方(DRM)を書いていきます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と聞くと難しくイメージしてしまいがちですが、そんなことはありませんのでご安心下さい^^

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)をざっくり分かりやすく言うと

集めて→情報提供して→売る

この流れをまずは理解して下さい^^

[ad]

スポンサーリンク

まずはLINE@に集客を行う

リアルの店舗だろうとネットショップだろとなんだろうと、まずはお客さんを集めなければいけません。

その為にもまずは集客を行います。

それでは集客方法を書いていきます。

LINE@集客方法その①:SNSを使って集客を行う

恐らくこの方法が最も即効性があります。

facebookやTwitterを使って、既に交流がありある程度関係構築の出来ている人をLINE@に登録させ顧客化します。

既にある程度交流のある人がLINE@に流れてくるので、比較的スムーズに商品の購入に繋がりやすいです。

LINE@集客方法その②:YouTube集客

YouTubeで稼ぐといったらアドセンスが一般的ですが、それ以外にもYouTubeを使って稼ぐ方法が存在します。

それがYouTubeを使ってリスト集客を行うといった方法です。

YouTube検索から流れてくる新たな顧客を獲得する事が出来るので、SNSとは違いどんどん新たな顧客を獲得していく事が出来ます。

LINE@集客方法その③:ブログ集客

ぶっちゃけこれが最強です。

ブログで稼ぐというと、アドセンスブログや物販ブログが一般的です。

しかしそれ以外にもこのブログからリストを集めるという手法で、ブログを使って稼ぐという事が出来ます。

即効性はありませんが、続ければ続けるほど検索上位に表示されるようになり集まるリスト数も増えていきます。

さらにブログは検索から来る非常に濃い属性ですので、商品の購入にも繋がりやすいというメリットがります。

LINE@集客方法その④:無料レポートスタンド

レポートをダウンロードされたらメールマガジンに登録、もしくはそのリストがもらえる。

というサービスです。

しかしこの無料レポートスタンドにはLINE@に登録させるという機能はありません。

メルマガからLINE@に誘導する必要はありますが、これも無料で行える手法ですのでやらないよりはマシです。

[ad]

LINE@集客をするのにLP(ランディングページ)は必要?

LINE@集客を行うのにLP(ランディングページ)はあったほうが良いの?

という質問を貰います。

この答えですが・・・

LPはあったほうが良いけど無くても集客は出来るというのが答えです。

LPは無料でも作れる!

基本的にはWordPressを使って作れるというのがベストですが「初めから費用をかけるのはちょっと・・・」という方も多いでしょう。

そんな時はこちらの無料サービスを使うのも良いでしょう。

☆エキスパ☆

無料登録はこちらから

☆ペライチ☆

無料登録はこちらから

☆Wix☆

無料登録はこちらから

この3つであればどれを使ってもいいと思います。

私はwordpressを使っていますが、最終的にはあなたもwordpressで自分で作れるようになる事を目標にしましょう!

LINE@集客でも使える”フリー戦略”

フリー戦略とは、無料の商品をプレゼントして人を集める手法です。

よく化粧品のサンプルを無料で配っていたりしますよね?

ネットビジネス的にいえば、今登録すると150時間分のセミナー映像とLINE@で稼ぐ方法を無料でプレゼント!

とかですね。

しかし、ここで注意してほしいのが適当なプレゼントはNGという事です。

やっている人が多いのは、どこでも手に入る再配布権付きの商材を特典にしているパターンです。

もちろんそれが駄目というわけではありませんが、それではオリジナリティーが出ません。

なんせ再配布権が付いている特性上多くの人が特典にしています。

つまり、あなたから貰わなくても誰からでももらえるんです(笑)

ここでやるべきなのは、あなただから作れる(配れる)無料の商材を作ってそれを特典にして集客を行う事です。

次回は教育について書いていきます。

コメント