稼ぐため仕組みづくり!稼ぐブログオススメの作り方

ブログ

「ブログで稼ぎたい」

最近こんな話をよく聞きます。

今回は、実際に稼ぐためのブログはどうやって作るのか?

という事を書いていきます。

もちろんそのまま真似して稼ぐブログを作ってもらっても構いません。

それぞれ必要ツールも記載します。

[ad]

スポンサーリンク

稼ぐブログは2種類の記事に分かれる

まず稼ぐためのブログは2種類の記事に分かれます。

主に検索エンジンからアクセスを集めるためのSEO記事と、商品の購入に結び付かせるためのクロージング記事です。

それぞれの記事の役割は以下の通りです。

検索エンジンからアクセスを集めるSEO記事の役割

最終的に検索エンジンからアクセスを集め、ある程度放置でも収入が発生する事を目的とした記事です。

キーワードツールを使い、関連キーワードからアクセスを集めていきます。

キーワード選定に必須!関連キーワードを丸見えにするキーワードツール

このブログの様にアドセンス広告を数か所配置し、アドセンス広告からの収益をメインにしつつ、要所要所に関連する商品のアフィリエイト広告を挟み込んでいきます。

(商品が無い場合はアドセンス広告だけでもOK!)

商品の購入に結びつけるクロージング記事の役割

クロージング記事の役割は商品を購入させる事ただ1つです。

このブログでは基本的に自家商材のみを取り扱っているので見る機会はありませんが、クロージング記事から商品のLPに飛ぶ形になります。

また、このクロージング記事はSEO対策の必要はありません。

SEO記事から内部リンクでクロージング記事へアクセスを回すので、SEOタイトルでは無くクリックされるタイトル付けが必要になります。

[ad]

内部リンクを使用し、ブログ内でアクセスを回遊させる

1つの記事で完結させるのではなく、複数の記事を見せるような工夫をするようにしましょう。

この方法のいい所は、直帰率とサイト滞在時間を増やすことが出来る点にあります。

実際にこの方法を取る場合と取らない場合で、最終的には検索結果にも差が出てきます。

アクセスを回遊させるメリットその1:多くの記事を見てもらえる

まずは大前提で、ブログである以上は多くの記事を見てもらいたいですよね?

記事から記事へリンクさせることで、より多くの記事を見てもらうことが可能になります。

実際に関連記事やに表示されている記事よりも、記事内で紹介されている方が気になってクリックしちゃいますよね?(笑)

アクセスを回遊させるメリットその2:ブログ全体のPVが増えるから広告からの報酬が増える

記事から記事へ飛ぶことで、投稿記事それぞれのpvが上がります。

つまり、アドセンス広告やクロージング記事を目にする機会が増えるため、必然的に増えやすくなるというメリットがります。

アクセスを回遊させるメリットその3:直帰率とセッション継続率が上がり、サイト自体の品質が上がる

1つの記事だけを見て離脱されるブログと、複数の記事を見てもらえるブログ。

あなただったらどちらの方が質の高いサイトだと思いますか?

もちろん後者ですよね?

Googleも同じように判断しているので、最終的には検索エンジンからも高評価を得やすくなります。

[ad]

初期アクセスが集まらない問題はSNS活用で解決する

ブログの一番のデメリット。

それは「初期段階ではアクセスが集まりにくい」という点です。

もう、とにかく初期段階ではアクセスが集まりません(笑)

これで初心者の9割は心が折れます。

この初期段階のブログはアクセスが集まらない問題を解決するには、SNS(Twitterやfacebook)を使ってアクセスを集めるのが最もお手軽です。

少ない記事でも片手間で爆発的にアクセスを集める方法と完全自動化ツール

WordPressとTwitterを連携させて自動で記事をTwitterで呟かせる

wordpressの記事をTwitterへ自動で呟かせることで、面倒なTwitterへのリンクを行う必要が無くなります。

最新記事だけをTwitterで呟かせてもいいのですが、以下の記事で紹介している不動産プラグインを使うことで、最新記事はもちろん、過去記事をつぶやかせて過去記事からのアクセスを増やす事も出来ます。

最新記事はもちろん、過去記事まで完全自動で呟かせる最強Twitter連携最強日本語プラグイン

広告の設置位置を考える

成果報酬型広告では無く、クリック報酬型広告の場合は、広告をどこに配置するか?

という事が重要になってきます。

基本的には記事内に3つ程度配置する事をお勧めします。

広告をする位置は以下の3か所です。

・初めの見出しの上

・記事の中間

・記事の後半(記事最下部)

記事の長さや見出し(h2・h3タグ)の数にもよって広告の数は上下しますが、基本的には1記事に対して2~3個の広告を設置する事をお勧めします。

※現在Googleアドセンス広告では設置数に上限はありませんが、コンテンツ数よりも広告が多くなる事を禁止しています。

ブログを制するものはネットビジネスを制する

今も昔も、ブログは残り続けています。

これは人間が生きていく上で【文字】を使用しなくならない限りなくなりません。

YouTubeが台頭してきて動画での稼ぎ方が前面に出てきていますが、インターネット=文字媒体である事は変わりません。

ブログとTwitterをうまく使えるようになって、楽に稼げる様になっていきましょう^^

コメント