LINE@一通の最適な文字数は何文字?【LINE@で稼ぐために】

LINE@

凪です(=゚ω゚)ノ

LINE@で情報発信を行っていると、LINEの文字数制限に悩まされる時が来ます。

実際に私が教えた方の中にも書きたいのに文字数制限で複数通を送らなきゃいけなくなり、最終的に読みにくい文章になってしまうという悩みを持っている方もいました。

今回はその脱出方法です。

 

[ad]

スポンサーリンク

LINE@は一通500文字制限がある

ご存知だと思いますが、LINE@は一通500文字の制限があります。

APIで使用する場合は連携先のプログラムによって文字数が変わる倍もありますが、基本的には500文字と思っておいてください。

 

LINE@は500文字いっぱい書いてはいけない

『500文字』というのは、空欄や改行を含めた文字数です。

ですが、いくら情報量を伝えたいからと言って500文字ぎりぎりまで攻めてはいけません。

ただひたすら読みにくい文章が相手に送られてしまいます。

 

LINE@一通の最適な文字数は何文字?

LINE@で読者に情報を伝えるのであれば、最適な文字数は100文字~多くても200文字程度が最も相手に負担なく読んでもらう事が出来ます。

しかしそれでは、十分な情報量を伝える事が出来ません。

そこで、外部媒体と連携して情報をしっかりと伝える方法を取ります。

LINE@の文章はあくまでも興味付けにすぎません。

 

[ad]

LINE@で伝えきれない情報をブログで伝える

LINE@では書ききれない情報を文字で伝えるのであればブログとの併用をお勧めします。

LINE@の文章で興味付けを行い、ブログで伝えたいことをしっかりと伝える方法です。

基本的にはこの方法が最もベターで誰もが実践しやすい方法かと思います。

 

LINE@で伝えきれない情報をYouTubeで伝える

文字では無く実際に動画で喋りYouTubeの共有リンクを送るという方法です。

これなら文字を書く必要も無い上に、読者も文字を読まなくていいので比較的負担の少ない方法です。

 

LINE@はリッチコンテンツを使えば視覚で興味をそそる事が出来る

メルマガと大きく違うのは、このリッチコンテンツでしょう。

簡単にいえば画像リンクです。

この画像リンクを使用することで、アクセスを集めやすくなります。

イメージとしてはYouTubeのサムネイルをイメージするといいかもしれません。

 

API連携していればリッチメニューも使える!

リッチメニューとは、常にLINEのトーク画面に表示されている常駐メニューです。

これを使用する事で、いつでもブログやYouTube等の外部メディアを見てもらう事ができます。

LINE@をうまく使えばメルマガは必要ない

LINE@をうまく使いこなすことが出来れば、メルマガは一切不要になります。

通常のトーク配信で情報を配信し、リッチメニューでは複数のコンテンツを見れるように構築。

そして何かセールスをかけたい時はリッチメッセージを使いWEBページに直接アクセスを流すことが出来ます。

また、自動のステップ配信(API)と問い合わせ専用のLINE@を組み合わせる事で全てスマホだけで対応する事も出来るようになります。

コメント

  1. […] この記事でも書いてありますが、LINE@では多くの情報量を伝えるには不向きな媒体です。 […]