LINE@でリストを集めて稼ぐための特典は何を選べばいいのか?

LINE@

凪です(=゚ω゚)ノ

昨日に引き続きLINE@で稼ぐための記事になります。

今回は、LINE@のリスト(LINE@読者)を集める際にどんな得点を付けるべきなのか?

と言う事をお伝えしていきます。

この特典によって集まる属性や集まりやすさ、自己ブランディングにも関わって来ますのでしっかりと特典を選ぶようにしましょう。

[ad]

スポンサーリンク

LINE@リスト(LINE@読者)を集める前にゴールを決める

SNSを見ていると多くの方がとりあえず数を集めればいい様なやり方を撮っていますが、それはあまりお勧めできません。

まずはあなたが、どんな商品をLINE@で公開していくのかを決めましょう。

それによって集めるべき属性が決まり、後々のコンバージョン(成約率)にも大きく関わって来ます。

日々の情報発信や特典によって集まる属性が変わる

ブログやSNS、YouTubeで発信する情報によって集まる属性は変わって来ます。

物販に関する情報を発信していれば物販属性が集まり、アフィリエイト等の情報を発信していればアフィリエイト属性が集まります。

ここでは大雑把に『物販』『アフィリエイト』と分けましたが実際にはさらに細かく分けられます。

発信する情報のジャンルに合わせた特典を付ける

少し細分化したほうが分かりやすいので、それぞれを細かく分けて特典を考えてみましょう。

ブログで稼ぐ情報の場合の特典

ブログに関する情報を発信している場合は、主にキーワードツールやSEOに関するツールがメインになるでしょう。

他にも、初期アクセスをアップさせるはてなブックマークや楽天ソーシャルニュースの使い方等も特典として有効です。

メルマガで稼ぐ情報の場合の特典

メルマガの場合は、開封率の高いキーワード集やASP集、実際に使用したコピー集や成約率の高かった案件例などを特典としてつけてあげると、メルマガで稼ぎたい属性が集まりやすいです。

SNSで稼ぐ情報の場合の特典

SNSで稼ぐ場合の特典は、運用ツールや基礎ノウハウ、実際に稼いでいるからこそ分かるアルゴリズム、成約しやすい案件例等を特典に付ける事をお勧めします。

転売で稼ぐ情報の特典

私自身、転売はあまり実践していないので詳しくは書けませんが、物販系に使えるリサーチツールがオススメです。

他にも、期間限定で利益の出る商品とその仕入れ先を配信してあげるのもいいでしょう。

また、撮影セットや商品紹介文の例文等を付けてあげるのも効果的です。

[ad]

自己ブランディングの為に使える特典

ただ特典を渡すだけでなく、特典を渡して相手に恩を売るのと同時に”自己ブランディング”も行う事が出来る特典があります。

自己ブランディングの出来る特典その1:セミナー動画

本来であれば有料で行うセミナーの動画を特典として付ける方法です。

セミナー動画を見てもらえれば情報の提供だけでなく、実際にあなたがどれだけ知識があってどれだけ凄い人かが一瞬で伝わります。

もちろん特典専用でセミナー動画を作成しても構いません。

自己ブランディングの出来る特典その2:音声教材

実際に自分の自己紹介や発信するジャンルの稼ぎ方等を”音声を録音して送る”方法です。

これなら移動中などでも聞くことが出来るので、読者への負担も多少軽減されます。

また、知識等はしっかりと伝える事が出来るので比較的使い勝手がいい特典です。

自己ブランディングの出来る特典その3:顔を出さない動画

”ブランディング”と聞くと、多くの方が顔出し必須と思うかもしれませんがその必要はありませんし、実際に私も一切顔出しは行っていません。

この場合は、パワーポイントで資料を作り、その資料を実際に解説していくという方法で読者に情報を提供すると共に自己ブランディングを行う事が出来ます。

実際のセミナーの様な形式になるので、顔出し不要でセミナーと同等のブランディングを行う事も可能です。

とりあえず副業属性のリスト(読者)を集めたい場合

リストの質が落ちるのであまりお勧めは出来ませんが、初心者の方は副業属性を集める事から始めてもいいでしょう。

その場合は、自己アフィリエイトやスマホで稼ぐ方法、在宅で稼ぐ事の出来るメルカリ転売等を特典として付ける事をお勧めします。

また、登録してすぐに読者解除されないようにするために、特典を数日にわたって小分けにして送る方法を取ると良いでしょう。

特典が作れないときはどうしたらいいのか?

ここまでは”自分で特典を作る”と言う前提でお伝えしてきました。

しかし、自分では特典を作れない方が多いのも事実です。

もちろん自分で特典を作れた方が良いにこしたことは無いですが、それでも初めのうちは特典を作るのが難しいと思います。

そんな時は、他の人の特典を自分でリライトするという方法と、再配布権付のPDFを使うといいでしょう。

他人の特典をリライトする事で自分にも知識が付き、当然発信する情報にも使えるようになります。

ただしこの場合は、必ずリライトを行ってください。

そのまま使ってしまうと、著作権法違反に繋がる場合があります。

また、再配布権付のと特典も初めのうちは利用価値が高いですが、実際に自分で情報を発信していくという前提であれば、最終的には必ずオリジナル特典を使えるようになってきましょう。

コメント