LINE@を有効活用して稼ぐ方法

LINE@

凪です(=゚ω゚)ノ

実はこのブログの検索キーワードで「LINE」「LINEで稼ぐ」というキーワードで検索している人が結構いるんです。

確かにLINE(LINE@)はスマホだけで手軽にできますし、そのLINEやLINE@で稼ぐ事が出来れば最高ですよね。

なので今回はそんなLINEやLINE@で稼ぐ方法を書いていこうと思います。

[ad]

スポンサーリンク

LINEとLINE@の違い

まずはLINEとLINE@の違いを覚える必要があります。

LINEの機能

無料で使えるLINEは一人一人メッセージを送る事は出来ても、複数人にまとめて同じメッセージを送る事は出来ません。

また、ステップ配信も出来ないので販売の自動化が出来ないので、稼ぐ事にはそこまで向いていません。

グループ機能で購入者専用のグループを作れる

LINEの利点を唯一上げるとするなら、このグループ機能です。

購入者限定のグループ等のクローズドなグループを作る事が出来るので、特定者だけのクローズドコミュニティーを作る事が出来ます。

LINE@の機能

LINE@はLINEと違い、複数の読者に向けて一斉に同じメッセージを送る事が出来ます。

また、API(プロプラン)を使用する事でLINEステップ配信も使うことが出来るので、ネットビジネスだからこその利点である教育・販売の自動化を行う事が出来ます。

購入者限定の専用LINE@を作れる

LINE@ではグループを作れないかわりに、1つのLINE@アプリの中に複数のLINE@アカウントを作成できます。

そこで購入者限定のアカウントを作ることで、購入者しか読むことの出来ない情報発信用アカウントを作成する事が出来ます。

また、購入者専用LINE@をステップ配信にする事でサポートの自動化を行う事も出来ます。

LINE@のリストの集め方

情報発信で稼ぐ以上は購読者(リスト)を集める必要があります。

その集め方は以下になります。

facebookでLINE@のリストを集める

多くの方が実践しているfacebookでリストを集める方法です。

タイムラインの投稿やグループ投稿、自己紹介欄にLINE@のURLを記載し、リストを集める方法です。

TwitterでLINE@のリストを集める

Twitterの自己紹介欄やWEBサイトの欄にLINE@の友達追加URLを記載したり、1日に数回LINE@のURLを記載したつぶやきを行うことでリストを集める事が出来ます。

YouTubeでLINE@のリストを集める

これも多くのネットビジネスマンが実践しています。

YouTube動画でノウハウや解説を行い、更に詳しく知りたい人はLINE@に登録を促すという方法です。

喋りのレベルや、顔出しを行うかどうかでLINE@リストの集まり具合も変わって来ます。

ブログでLINE@のリストを集める

このブログもそうですが、ブログにLINE@登録URLを記載し、そこからLINE@に登録を促す方法です。

初期段階ではアクセスが無いのでリストが集まりにくいですが、記事が溜まれば溜まるほどアクセスも流れるようになるので、最終的には自動でリストを集める事ができる媒体になります。

[ad]

LINE@のリストを集めるには無料特典を付ける

facebookでは特典なしで集客を行っている初心者の方も多いですが、登録特典は必ずつけましょう。

特典を付ける事で登録率が上がる事もありますが、それ以上に初めから読者に無料で情報を提供する事が出来るというメリットがります。

特典は動画でもいいでしょうし、無料のツールやノウハウPDF、音声教材(mp3)や30分無料Skypeコンサル等、どんなものでもOKです。

また、これを行うことで読者に恩を売るということも出来ます。

売るものが無くてもLINE@で稼げる

多くの方は”売る商品が無いから出来ない”という事を真っ先に言いますが、売るものが無くても何の問題もありません。

私の様に自分の商材を販売している方と繋がり、その商材をLINE@でアフィリエイトを行い稼ぐことも出来ますし、ブログ記事のURLを送ることでブログに貼った広告から稼ぐことも出来ます。

LINE@で販売する商品が無い方はメッセージを送ってください。

LINE@のリストを集めてこれから稼いでいこうとしていても、売る商品が無い!!

そんな時は私まで直接メッセージを送ってください。

また、販売する商品は主にその時に稼げるノウハウ商材となります。

コンサル等の高額商品は基本的に販売していませんので、読者の方への負担も比較的少ない金額となります。

《メッセージはこちらから》

https://line.me/R/ti/p/%40jds6672q

コメント