LINE@やメルマガリストを集客して稼ぐための効果的なSNS運用方法

LINE@

実はこのブログで最も多くのユーザーが来ているキーワードって「LINE@」なんですよね。

主に海外版LINE@の作り方がメインなんですが、それ以外にもLINE@を使った稼ぎ方なんかでも来てくれています。

でも、今まであまり記事でLINE@を使った稼ぎ方を取り上げていなかったので、今回は今まで明かさなかった(需要が無いから書かなかったw)LINE@を使って稼ぐ方法と、それに伴うSNSの効果的な運用方法について書いていきます。

 

[ad]

 

スポンサーリンク

LINE@で稼ぐなら集客媒体が必須

LINE@はメルマガの様にリストを買う事が出来ません。

基本的に自分で集客を行いリストを集める必要があります。

ですのでまずは何よりも、集客媒体を持つ必要が出てきます。

実践しやすいSNSをいくつか挙げるので参考にして下さい。

Facebook

言わずと知れた世界No1のSNSです。

ブログの様に外部からのアクセスを集める必要が無く、自分からコミュニティーに参加したり、コメントやいいね等で交流をしていく事で、早い段階からアクセスを集める事が出来る。

日々の交流があるため、わざわざリスト収集用のLP等を用意しなくても比較的登録されやすい。

現在リスト集めの媒体として使う上で、最も即効性のある媒体です。

ただし、友達5000人という数的な上限と、投稿した記事が表示されやすい人を決めるリーチアルゴリズムがある事から、ある程度の期間運用するとリスト集客も頭打ちになりやすいです。

それでも即効性はあるので、まずはfacebookから始めてみるのが良いでしょう。

 

Twitter

未だに根強い人気を誇っているTwitter。

今ではfacebookよりもアクティブユーザーが多いとか・・・。

気軽にできる分、非常に多くの人が利用している。

また、facebookの様に密なコミュニケーションを必要とせず、広く浅い関係性を作るのに適している媒体。

また、拡散力や拡散スピードは数あるSNSの中で最も強く速い。

 

インスタグラム

若い人が非常に多い写真がメインのSNS。

今は動画の機能も追加され、メッセンジャー等の昨日も付いてきた事からLINEを脅かすとも言われている。

また文字を読まない最近の若いユーザーにを象徴するかのように画像や動画がメインなのでライティングで勝負が出来ない。

基本的にはURLも限られた場所にしか貼れないので、使えなくはないが優先度は低いです。

 

YouTube

SNSではありませんが、集客媒体として使うことは出来るのでここに記載します。

YouTubeは動画媒体なので、喋れなければ向いていない媒体ですが、喋れるのであればWEBセミナーの様なコンテンツを作り集客する事も出来るようになります。

情報をYouTubeで検索する人も増えてきているので、確実に集客媒体としても使えます。

 

ブログ

集客媒体としての最強はブログです。

現在このブログだけでも毎月10名ほど海外版LINE@に関しての問い合わせが入ってきています。

ほぼ放置でも集客が出来る媒体はブログ以外にありません。

また、喋る必要も無ければ顔出しをする必要も無いので、敬遠されがちですが最も実践するべき媒体です。

ただし即効性は無いので、facebookやTwitterの様に即効性がある集客媒体を実践しつつゆっくり育てていくのが理想的なブログの使い方です。

 

[ad]

 

リスト集客をするためにSNSをどのように運用していくのか?

ただSNSを楽しんでもいいですが、LINE@やメルマガで稼ぐのであればSNSを楽しむ使い方から稼ぐ使い方に移行していかなければいけません。

ただし、SNS上で商品を販売する事はありませんので安心してください。

SNSはあくまでもSNSとして使います。

 

販売戦略的SNS活用法

稼ぐためにSNSを使うと言っても、いくつかの使い方があります。

 

プッシュ(push)型活用法

プッシュ型活用法とは、自分から相手に勧めたりして行動させる活用法です。

つまり、コメントやメッセンジャーを使って軽い営業をかけるような感じですね。

ただし、いきなり登録を促すようなメッセージを送るというバカな行為は絶対に禁止です。

最悪の場合あなたのアカウントが晒され馬鹿にされるターゲットになります。

あくまでも「記事」→「コメント」→「個別メッセージ」というように順を追って誘導するようにしましょう。

 

プル(pull)型活用法

プル型とはプッシュ型とは真逆の使い方を指します。

つまり、相手に行動をゆだねて、自分は待ち構える様な方法です。

私の場合はLINE@集客に関しては100%プル型です。

自分から営業をしていたら時間効率が悪いですし、そこまでして1人の登録に時間をかけるくらいであれば、1人でも多くの人に登録してもらった方が最終的な売り上げの部分で大きな差が出ることを知っているからです。

 

自分が販売する商品のターゲットを友達にする

 例えば、ラーメンが食べたい人に車の保険を勧めたところで全く見向きもされませんよね?

あなた自身が販売(紹介)する商品を欲しがる人や興味を持つ人を1人でも多く友達にするようにしましょう。

 

facebookならグループで繋がれる

facebookなら、多くの趣味グループがあります。

映画、料理、朝活、動物、スポーツ・・・etc

あなたが扱う商品のターゲットになりうる人と繋がるのに多くの時間を費やす必要はありません。

既に用意されているグループの中に飛び込んでいき、そのグループの人達と繋がることで、あなたの商品の見込み客を見つける事が出来ます。

 

Twitterならハッシュタグ

Twitterはfacebookの様なグループはありませんが、ハッシュタグで属性を分ける事が出来ます。

呟きの中に入れる”#○○”です。

このハッシュタグを活用しやつぶやきを行っていく事で、その属性のユーザーを集める事が出来るようになります。

 

他にもある!便利なグループ機能

実はfacebook以外にもグループ機能があるSNSは多数存在します。

 

アメブロ

アメブロにはグルッポという機能があり、それがfacebookでいうところのグループ機能を果たしています。

facebookのグループ機能と同じですが、アメブロはあくまでもブログなので、グループから記事を読んでもらう事で、facebook以上に多くの情報量を与える事が出来ます。

 

mixi

mixiにもコミュニティーが存在します。

アメブロのグルッポと同じように趣味や好きな事が共通するユーザー達がコミュニティー内で集まっています。

 

[ad]

 

コミュニティー内での勧誘は禁止!必ず記事からLINE@やメルマガに誘導する

facebookだろうがアメブロだろうが、コミュニティー内でリスト集客を行ってはいけません。

コミュニティーは集客の場では無く、自分の記事を読んでくれる人を作る場所です。

fcaebookには親密度を元に記事を表示させやすくするアルゴリズムがありますが、その親密度を挙げるためにfacebookグループを使用しましょう。

【グループでやり取りする】→【友達になる】→【タイムラインに記事が表示される】→【記事からLINE@に登録される】

この流れを必ず頭に叩き込んでください。

稼げないから勧誘に必死なMLMの方々や、稼いでいる風の他人の話を聞かない方はグループにいきなり集客文章をコピペ投稿してきますが、それはただの迷惑行為なので絶対に行わないようにしましょう。

場合によってはグループ追放やアカウント凍結の恐れがあります。

 

SNSは人と人との繋がりが濃いからLINE@集客が早い

facebookは特に情報の濃さや価値よりも、繋がりからLINE@やメルマガに登録してきます。

「あなたが配信しているLINE@だから登録する」という事ですね。

これ、初めのうちは非常に嬉しく感じるんですが、長くLINE@を運営していったり稼ぐために使いのには少し注意が必要です。

確かに繋がりが濃い人が登録してくれますが、逆につながりが薄い人は極少人数しか登録してくれないという事です。

実際にお店をやっている方なら分かるかもしれませんが、毎日同じ人がお店に来てくれて毎日商品を買ってくれるわけではありません。

毎日色々なお客さんに来てもらって、毎日いろんな人に商品を買ってもらうから売り上げが上がるんです。

つまりSNSだけの集客には限界があるという事です。

 

不特定多数のユーザーをLNE@に集客できるのはYouTubeとブログ

即効性のある集客媒体でLINE@のリスト集客を行いつつ、SNS集客の限界が来る前にYouTubeやブログなどの全く繋がりがない人を集客できる媒体(環境)を整えましょう。

特にブログとYouTubeは検索結果に表示されるようになれば、あなたとは全く関係の無い「本当に商品に興味がある人」を集客する事が出来るようになります。

 

ブログはワードプレスでやるべき

検索結果に表示されやすいのはアメブロやはてなブログなどのブログサービスが運営する無料ブログですが、記事削除や禁止キーワードによるアカウント凍結のリスクを踏まえると決してお勧めできるものではありません。

ブログを実践するのであれば、必ずワードプレスブログで実践するようにしましょう。

 

【詳しくはこちらの記事】

ブログをワードプレスブログと独自ドメインでやる理由とメリット 

 

YouTubeで顔出しせずにLINE@のリストを集める方法

YouTubeでリスト集めをするとなると、殆どの方が「顔出し必須じゃん!」っと思うでしょう。

ですが実際はそんなことはありませんし、顔出しは全く必要の無い方法があります。

 

Webセミナーを行う

あなたが発信する情報のWebセミナーを行うという方法があります。

これはパワーポイント等を使って資料を作り、それをあなたが顔出しせずに読み上げる事でセミナー形式にする方法です。

 

商品の紹介動画でLINE@集客

LINE@で販売するのは情報商材ばかりではありません。

実際に多くの企業がLINE@を活用して自社製品を販売しています。

つまり・・・a8ネット等の商品だってLINE@で売れるという事です。

動画の最後や動画の説明欄にLINE@の登録URLを記載しておくことでLINE@に登録してくれるようになります。

 

LINE@は1円も使わずにスマホだけで稼げる数少ないツール

1円も使わずにスマホだけで稼ぐとなると、LINE@かTopBuzzくらいしかありません。

ですが、どちらの方が多くの金額を稼げるか?と言ったら間違いなくLINE@です。

実際に私はLINE@だけで1ヵ月で100万円以上の売り上げを作ったこともあります。

DRMやローンチの手法を活用すれば、わずか1週間という非常に短い期間でも30万円以上の金額を稼ぎ出すことだって出来てしまいます。

是非この記事を読んでLINE@で正しく稼ぐ方法を身に着けてもらえたらと思います。

 

※関連記事※

LINEステップ配信も1000通以上の配信も無料の海外LINE@アカウントとは!?

コメント