スポンサーリンク

ドラマ 花ざかりの君たちへ。イケメン多数出演の花ざかりの君たちへを今すぐ1ヵ月無料で見よう!

スポンサーリンク
ドラマ 花ざかりの君たちへ VOD
スポンサーリンク

紅茶王子といえば花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~ですね。
マンガもいいですが、どうせならイケメン多数出演中のVOD(ビデオオンデマンド)で視聴しましょう!

【ドラマ】花ざかりの君たちへは一ヵ月無料視聴可能のFODで配信中!

花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイスはFODで配信中です。

\一ヵ月無料視聴/

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

スポンサーリンク

ドラマ 花ざかりの君たちへ イケメンパラダイスはどんなドラマ?

日本中のイケメンが集まる全寮制男子校・桜咲学園。そんな全校生徒がイケメンのパラダイスに、ある日、一人の女の子が男を装って舞い込んだ!?
 

男が男に恋?! 乙女の男装入学が巻き起こす大混乱と大波乱……! はたして瑞稀は女だとバレずに生活できるのか?
若さが炸裂する究極の学園青春ラブコメディー!!
 
主演の堀北真希は、2003年、映画「COSMIC RESCUE」のヒロイン役にオーディションでデビュー。
14歳でありながらそのたぐいまれな演技力でドラマ、映画と活躍。「2006年度エランドール新人賞」「第43回ゴールデン・アロー賞」など各賞新人賞を受賞。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」では集団就職で上京した純粋で誠実な女の子を、東北弁でみずみずしく演じて話題となりました。
また、この作品で「第29回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞しています。ドラマでは、『野ブタ。をプロデュース』で連続ドラマ初ヒロイン。
いじめられっ子の転校生役を見事に好演しました。また、今年は3月に「アルゼンチンババア」、そして6月には「恋する日曜日 私。恋した」と主演映画も続々公開されています。

そんな、今勢いのある女優の一人、堀北真希がフジテレビ系連続ドラマ初主演、しかも男装に初挑戦!!
そして、堀北があこがれる走り高跳びの選手・佐野には、若手ながらその演技力には定評があり、『花より男子』シリーズの花沢類役で大ブレイクした人気・実力共に若手NO.1俳優の一人、小栗旬が演じます。
また、男装した堀北に恋心を抱くクラスメイトでサッカー部員・中津には、ジャニーズJr.所属で、ルックスだけでなくドラマ・舞台で活躍中の生田斗真が演じます。

ほかにも、現在フジテレビ系『私たちの教科書』に出演中の水嶋ヒロ、「2005JUNONスーパーボーイ・コンテスト」準グランプリに輝き、関西テレビ系『鬼嫁日記 いい湯だな』に出演中の山本裕典、『生徒諸君!』に出演中の岡田将生、「2002JUNONスーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞受賞、フジテレビ系『ウォーターボーイズ2』でドラマデビューの木村了など、今注目の「イケメン」もたくさん出演予定!

そんな「イケメン」を追いかけるカメラマン役を、フジテレビ系『小早川伸木の恋』で初ヒロインを務め、演技には定評のある紺野まひるが演じ、瑞稀の本当の姿を知る良き理解者で、男性にしか興味のない保健室教諭役を上川隆也が演じます。
 また、学園の校長先生として松田聖子が特別出演します!

ドラマ 花ざかりの君たちへの各話あらすじ

「ドラマ」花ざかりの君たちへの各和あらすじを紹介します。

花ざかりの君たちへ 1話のあらすじ

カリフォルニア帰りの帰国子女・芦屋瑞稀(前田敦子)は、女の子であることを隠して全寮制の男子校・桜咲学園に編入する。

その目的は、同校2年のハイジャンプ選手・佐野泉(中村蒼)に会うためだった。
佐野は、将来を嘱望されていたハイジャンプの選手だったが、軸足のケガが原因で跳ぶことを諦めていた。
それを知った瑞稀は、かつて自分の運命を変えてくれた佐野に、どうしてももう一度跳んでもらいたいと強く願っていたのだ。

桜咲学園にやってきた瑞稀は、そこで佐野の親友でもある明るくて純粋なサッカー少年・中津秀一(三浦翔平)らと出会う。
彼らは皆、瑞稀と同じ2年生のクラスメートだ。

この桜咲学園には3つの寮があった。

第1寮は、空手部主将の天王寺恵(満島真之介)寮長率いる運動系、第3寮は、演劇部部長のオスカー・M・姫島こと姫島正夫(徳山秀典)寮長率いる芸術系、そして第2寮は、学内一のプレーボーイと評判の難波南(桐山漣)寮長率いる混合系だった。

佐野や中津らも所属する第2寮に入った瑞稀は、なんと佐野と同室になってしまう。
そんな折、瑞稀は、佐野のライバルだったハイジャン選手・神楽坂真言(佐藤祐基)がいる桃郷学院と、桜咲学園との間で長年行われてきた合同球技大会が、今年は中止になったことを知る。瑞稀は、中津や難波らに協力を仰ぎ、合同球技大会を実現させようと奔走するが・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 2話のあらすじ

芦屋瑞稀は、佐野泉を訪ねて女子高生の山科理香がやってきたことを知る。
佐野と理香が話しているところを、関目京悟や野江伸二と一緒に盗み見た瑞稀は、何故か胸のざわめきを感じていた。

一方、佐野は、瑞稀が実は女性ではないかと疑い始めていたが、確かめることができずにいた。

同じころ、桜咲学園の生徒たちは、中止の予定だった学園祭が復活することを知り、大いに盛り上がっていた。
学園祭は2日間に渡って開催され、1日目は文科系イベント、2日目は運動競技が行われることになっていた。
しかも、そのすべてが点数制になっており、寮対抗で競い合うのだ。

第2寮の寮長・難波南
は、各寮の代表2名が美を競う初日のメーンイベント、ミスコンテストに瑞稀を出場させることにする。が、ミスコンの代表に選ばれた途端、瑞稀は、何者かから嫌がらせを受けるようになってしまう。

第2寮のメンバーは、さっそく学園祭に出店する冥途喫茶の準備を開始した。
そこでも中津秀一
は、瑞稀のことを妙に意識してしまい、思い悩んでいた。
そんな折、犬の裕次郎を連れて寮を出ようとした瑞稀は、理香に呼び止められる。そこで瑞稀は、彼女が佐野と同じ中学校の出身で、陸上部のマネジャーだったことを知る。

瑞稀は、佐野がハイジャンプを止めてしまった理由を理香に尋ねるが・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

 

花ざかりの君たちへ 3話のあらすじ

芦屋瑞稀は、粕漬けを食べて酔っぱらった佐野泉からキスをされ、動揺していた。

それを知った中津秀一や中央千里らは、口々に、自分も佐野からキスされたことがある、と言い出す。
実は佐野は、少しでもアルコールが入っているものを食べたりすると、酔ってキス魔になってしまうらしい。
しかもキスしたことをまったく覚えていないのだという。
瑞稀はファーストキスだったこともあり、さらに落ち込んでしまう。

桜咲学園の各寮生は、学園祭2日目の運動競技会に向けて、くじ引きで出場競技を決める。
その結果、瑞稀、佐野、中津は騎馬戦に出場することになった。
さらに、瑞稀と中津は、寮長の難波南、関目京悟、野江伸二らとともに、第2寮の代表として大会のハイライトである2000メートルリレーにも出場することになってしまう。

このリレーは、各寮の代表5名が、400メートルを全力で走り切るという過酷な競技だった。
学園祭初日のイベントでは最下位だった第2寮の面々は、俊足の瑞稀と中津が選ばれたことで大いに盛り上がっていた。

そんな折、佐野のもとに、桃郷学院の神楽坂真言
がやってくる。神楽坂は、佐野に陸上競技会のチラシを見せ、この大会で決着をつけようと告げる。

同じころ、難波は、中学時代の家庭教師で、元恋人でもある田辺可南子(酒井彩名)と再会するが・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 4話のあらすじ

桜咲学園も夏休みに突入した。
芦屋瑞稀(前田敦子)は、再びハイジャンプの練習を始めた佐野泉(中村蒼)のことが気になり、アメリカに戻らず寮で夏休みを過ごそうと考える。

だが、当の佐野は、毎年祖父のところに行くらしい。一方、瑞稀が残ることを知った中津秀一(三浦翔平)は帰省を止めて、サッカーの自主合宿をすると言い出す。

今年の夏休みは、食堂しかエアコンが入らないため、雑魚寝をすることに。
各寮の場所取り合戦が繰り広げられる中、瑞稀も部屋の片隅に場所を確保した。佐野は、そんな瑞稀のことを心配し、寮に残ることを決意する。

その夜、怪しい物音やすすり泣くような声が聞こえ、部屋の電気やテレビも消えてしまう。
さらに、難波南(桐山漣)は、第二次大戦の末期、空襲で命を落とした寮生がいたという話を始め、震え上がる寮生たち。

翌朝、練習に向かう中津の前に、菜吾八高校の2年生だという少女・今池こまり(荒井萌)が現れる。
こまりは、いきなり中津のことが好きだと切り出すと、メールアドレスを書いた紙を渡して走り去る。普段から瑞稀のことばかり考えてしまい、思い悩んでいた中津は、こまりと交際することを決意する。

同じころ、ハイジャンプの練習を開始したものの、思うようなジャンプができずにいらついていた佐野は、連日練習を見守っていた瑞稀に、集中したいからしばらく来ないでほしい、と当たってしまう。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 5話のあらすじ

芦屋瑞稀(前田敦子)は中津秀一(三浦翔平)から突然告白され、戸惑いを隠せない。
佐野泉(中村蒼)に相談するが、佐野も気にはなりつつも「俺に聞くな」と言い放つ。

食堂には「夏休みは光熱費・食費自己負担」という貼り紙がされていた。

それを見つけた寮生たちは、夏休みをどう切り抜けるか話し合う。
すると、保健医の梅田(斎藤工)が夏にもってこいのバイトを紹介する、という。
妄想が膨らむ野江(鈴木勝大)や淡路(間宮祥太朗)らをはじめ、瑞稀も稼げるのなら、とバイトの誘いに乗ることに。

瑞稀が行くとなれば、中津も賛同し、佐野も参加することになった。
しかし、難波南(桐山漣)だけは苦い顔をしていた。
なぜならバイト先とは、難波の母であり、梅田の姉でもある難波伊緒(山本未來)がオーナーを務める銭湯だったのだ。

男たちに容赦なく力仕事を振る伊緒。

しかし、瑞稀を見た伊緒は、バイト大学生の蒔田高巳(阿部進之介)に、力仕事以外のことを教えるよう指示する。
瑞稀になれなれしく接する蒔田に不穏な何かを感じる中津・・・。

一方、バイト中の佐野の元に神楽坂真言(佐藤祐基)と妹の珠美(秋月三佳)がやってきた。佐野の大ファンだとまとわりつく珠美が気になる瑞稀。

その頃、天王寺(満島真之介)率いる1寮と、姫島(徳山秀典)率いる3寮も光熱費稼ぎに苦心していた。

そこへ朝練帰りの中津が倉庫で見つけたガラクタを売ればお金になるのでは、と提案する。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 6話のあらすじ

芦屋瑞稀(前田敦子)は、佐野泉(中村蒼)や中津秀一(三浦翔平)らと夏休み中の生活費稼ぎのため、保健医の梅田(斎藤工)の姉・難波伊緒(山本未來)がオーナーを務める銭湯でアルバイトをした。

そこで出会ったアルバイト大学生・蒔田高巳(阿部進之介)は、瑞稀になれなれしく接してくる。
中津は瑞稀に「気をつけろ」と忠告するが、ある夜、蒔田に誘われ、車に乗った瑞稀は、車中で蒔田に襲われそうに!はたして瑞稀の運命は・・・!?

一方、金稼ぎのため売ってしまったガラクタが、実は理事長たちの親の遺品だったことを知った難波南(桐山漣)、天王寺恵(満島真之介)、オスカー・M・姫島(徳山秀典)の3寮長は、寮生に呼びかけてそれらをなんとか回収し、視察に来た理事長たちに謝る。
去り際に、難波が「桜咲学園の廃校は免れないのか?」と聞くと、樹さくら(若村麻由美)は、「すべてを大人が決めているわけではない。お金を握っているのは大人。
では子どもたちは何を握っているの?」と言い放つ。自分たちが握っているものが何なのか、自問する寮生たち・・・。

夏休みも終わり、陸上の地方予選まであと2週間。佐野は予選に向けての準備を着々と進めていた。
しかし、同じ陸上部の関目京悟(山田親太朗)はあることで悩んでいた・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 7話のあらすじ

陸上競技の地方代表選考会が行われた。
佐野泉(中村蒼)はハイジャンプで2回失敗してしまった。3回目に集中する佐野の姿を見守る中津秀一(三浦翔平)や関目京悟(山田親太朗)。

佐野が試合から戻ると、部屋には芦屋瑞稀(前田敦子)の姿はなく、荷物もなくなっていた。
そこへ中津がやって来た。中津は瑞稀を追いかけようと部屋を飛び出すが・・・。

桜咲学園廃校まで、残された時間はあと1カ月。
寮生たちは理事長の樹桜彦(石丸謙二郎)から転入先の希望を書いて提出するよう命じられる。

焦る難波南(桐山漣)が、オスカー・M・姫島(徳山秀典)や天王寺恵(満島真之介)らと何か手はないかと考えていると、食堂に飾ってある創始者の額から、学園の歴史を記した書物が落ちてくる。そこには、戦後、同じように学園が潰れかけた時、ある催しを開いて寄付を募り危機を乗り越えた、とあった。

それは3年に一度開かれてきた120年もの伝統あるダンスパーティーだった。そのために、パリからわざわざ花屋敷ひばり(岩佐真悠子)が帰国してきた。
ひばりは、聖ブロッサム女学院の象徴的存在である生徒会長で、オスカーの最大のライバルでもあった。

このダンスパーティーは、女子がパートナーとなる男子を見つけ、申し込まれた男子は断れない、という決まりになっていた。佐野に想いを寄せている岸里樹理(柏木由紀)は、このダンスパーティーに賭ける、と決意する・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 8話のあらすじ

桜咲学園の廃校をなんとか阻止しようとダンスパーティーを開催した寮生たち。
そのパーティーの後、部屋で踊る芦屋瑞稀(前田敦子)と佐野泉(中村蒼)を目撃してしまった中津秀一(三浦翔平)は、2人の気持ちに気づき、複雑な心境だった。それでも瑞稀やサッカー部員の放出光太(栗原吾郎)らの前ではあくまで明るく振る舞うのだった。

瑞稀は、心の迷いを吹き飛ばすぐらい自分に気合いを入れるため、空手部に入部させてほしいと部長の天王寺恵(満島真之介)に申し出る。
副部長の北花田剛(前田公輝)が相手をするが、一瞬でねじ伏せられる。

その頃、食堂にはある訪問者が来ていた。
遠慮のないその勢いに寮生たちは恐れ、第2寮長の難波南(桐山漣)ですら手に負えない。
それは中津の母・かの子(濱田マリ)だった。
そこへ中津が練習を終えて戻ってきた。

かの子は、すぐに学校はなくなるのだから、大阪に帰ってきて仕事を継げ、と言うのだ。
すぐと言っても、あと1カ月ある、と難波がかの子をなだめようとすると、校舎解体工事開始の通知が保護者に送られてきた、という。
その通知を見てみると、なんと工事開始日は1週間後と書かれていた・・・。

寮の表で瑞稀は桃郷学院の神楽坂真言(佐藤祐基)に呼び止められ、桜咲と桃郷の陸上合同練習のプリントを佐野に渡しておくよう託される。
神楽坂は見知らぬ少年を連れていた。それは佐野森(横倉拓哉)といって佐野の弟だった。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 9話のあらすじ

芦屋瑞稀(前田敦子)は、絶縁状態の佐野泉(中村蒼)と元ハイジャンプ選手の父・岳彦(鶴見辰吾)の確執に首を突っ込み、佐野とけんかしてしまった。

一人涙を流す瑞稀を優しく抱きしめ、「俺にしろよ」と言う中津秀一(三浦翔平)に瑞稀は・・・。

桜咲学園の校舎取り壊しまで1週間を切った。
難波南(桐山漣)らが集めた署名も効力はなく、寮生たちに残された希望は佐野の優勝のみだった。
普段は何かと競い合う1寮や3寮も、一致団結して2寮の佐野を応援すると盛り上がる。
そんな中、桜咲学園に女が紛れ込んでいるらしい、という噂がささやかれ始めていた。

瑞稀は佐野と喧嘩して以来、他の部屋に寝泊まりをしていたが、佐野の試合での勝利を願って、中央千里(西井幸人)とお守りを作る。

一方、中津の元に再び母のかの子(濱田マリ)が、大阪に戻ってくるよう説得しにやって来た。

その時、野江伸二(鈴木勝大)と桂真史(松島庄汰)が「大変だ!」と飛びこんできた。
まだ取り壊しの期限前だというのに学校が潰されるというのだ!
瑞稀や中津は急いで校舎へ走るが、そこに陸上誌記者の烏丸絹子(東風万智子)から瑞稀の携帯に連絡が入る。

それは佐野の父が倒れた、という知らせだった・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 10話のあらすじ

寮の図書スペースで脚立から落ち、意識を失った芦屋瑞稀(前田敦子)を介抱した中津秀一(三浦翔平)は、瑞稀が女だということを知ってしまった。
男だと思い込みながらも瑞稀に想いを寄せていた中津は動揺を隠せない。

難波南(桐山漣)、天王寺恵(満島真之介)、オスカー・M・姫島(徳山秀典)の3寮長は、理事長に呼び出され、桜咲学園に女子が1人紛れ込んでいるという噂についての真偽を問われる。
寮内でもその噂は一気に広まり、犯人捜しの空気に瑞稀は生きた心地がしない。
体育館の倉庫で女子が着替えていた、という目撃談がそもそもの噂の発端だったため、体育館の裏口で張り込む3寮長。

その時、裏口から出てきたのは・・・瑞稀だった。

部屋に戻った瑞稀は3寮長から事情を聴かれ、ついに覚悟を決めて男子ではないことを白状する。
さらに、自分が一番苦しんでいた時に心の支えになってくれた佐野泉(中村蒼)の力になりたくて、桜咲学園にもぐり込んだことも打ち明ける。
その様子を部屋の外で聞いていた佐野は、自分も知っていて黙っていたから同罪だ、と割って入る。

寮の食堂では、女子が誰なのか?という噂でもちきりだった。
寮生たちは中央千里(西井幸人)や門真将太郎(岡山智樹)など、女子っぽい生徒に次々と疑いをかける。

その矛先がついに瑞稀に向けられ、窮地に立たされた瑞稀は・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

花ざかりの君たちへ 最終話のあらすじ

陸上競技の大会で芦屋瑞稀(前田敦子)が声援を送るなか、佐野泉(中村蒼)は見事なハイジャンプを見せ、大会新記録を出した。
しかし、瑞稀が女であることがついに学園長たちの耳にも入ってしまった。

大会が終わり、瑞稀が部屋に戻ると、佐野と中津秀一(三浦翔平)が待っていた。
2人には桜咲学園を出て行くことを告げ、瑞稀は荷物を持って寮を後にする。

瑞稀が思い出の詰まった学園の教室に向かうと、そこに保健医の梅田北斗(斎藤工)が現れ、これまでの3カ月間の思いを吐き出せ、と言われ・・・。

瑞稀が出て行った後、寮生たちはいよいよ迫った廃校式を控え、寮の片付けや掃除に追われる。

すると花屋敷ひばり(岩佐真悠子)や神楽坂真言(佐藤祐基)が訪ねてきた。
今回の騒ぎで寮長3人が退学させられるところを、瑞稀一人で責任を取ったらしい、という話を神楽坂から聞き、自分たちが瑞稀に何かを返さなければ、という思いに駆られた3寮長はじめ寮生たちは・・・。

花ざかりの君たちへを今すぐ視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました