2019年Googleアドセンス審査の最新通過方法『1000文字以下10記事』

ブログ

2018年後半~2019年より、Googleアドセンスは全ての新規ブログで審査が必要になりました。

今までは1度アドセンスに通過さえしてしまえば、別の新規ブログは無審査でアドセンス広告を設置できていましたが、今後はアドセンス審査を通過しているサブドメインを除く全てのブログで審査が必要になりました。

この記事では、2019年に入ってから新たに作成したブログのGoogleアドセンス審査通過を参考に、どうしたらGoogleアドセンスの審査を通過する事が出来るのか?

という事を考察していきます。

 

[ad]

 

スポンサーリンク

2019年以降のアドセンス審査では今までの常識が通用しない

2017年までは日記でもアドセンスの審査をある程度通過する事が出来ていました。

しかし現在、日記ブログではほぼ審査を通る事が出来なくなりました。

 

1記事1000文字無くても審査には通過する

実際に2019年に入ってから審査を通過したブログがコレです。

2019年1月にGoogleアドセンスの審査を通過したブログ

1記事あたりどんなに多くても1000文字、平均すると800文字~900文字程度です。

今までは最低1000文字以上と言われてきましたが、1000文字に足りていなくても審査には通過します。

 

外部へのリンクを入れてもアドセンス審査には通過する

過去のやり方では、外部サイトへのURLは使用しないというノウハウでした。

しかし2019年2月現在、アドセンス審査に出すブログ記事に外部サイトへのURLがあっても問題なく審査に通過する事が出来ました。

 

画像を使ってもアドセンス審査は通過する

過去のノウハウでは画像も使わないというのがGoogleアドセンスの審査を通過するノウハウでしたが、この記事を見ればわかるように、画像やYouTubeを記事内に入れても実際に審査に通過しました。

 

[ad]

 

アドセンス審査には何が重要なのか?

今までのアドセンス審査ノウハウとは大幅に異なり、かなり自由度が高くなったように感じるかもしれません。

確かに自由度は高くなりましたが、今まで以上に記事に力を入れる必要や、Google関連の解析を入れる必要性が出てきました。

 

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは必須

Googleが提供しているサービスである「サーチコンソール」と「Googleアナリティクス」への登録・使用は必須です。

また、サーチコンソールにはGoogle XML sitemapsというプラグインを使用する必要があります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

Google XML SitemapsのインストールとGoogleサーチコンソール・Googleアナリティクス設定 

 

タグを正しく使う

ワードプレスブログの記事には「h2タグ」等の見出しタグを使用する必要があります。

このタグが正しく使う必要があるので必ず正しい順番でタグを使うようにしましょう。

タグの正しい使い方はコチラの記事で紹介しています。

ワードプレスブログでの基本的な記事の書き方とタグの使い方

 

サイトURLがSSL化されているか?

現在Googleは、SSL(https)化されているサイトを優先して検索上位に表示すると公式でコメントしています。

SSL化に対してのGoogleからのコメントはコチラの記事に記載してあります。

ワードプレスにエックスサーバーがオススメな本当の理由 

 

また、XサーバーでSSL設定をする方法はこちらの記事に記載してあります。

エックスサーバーでSSL設定をする方法 

 

サイトがスマホ(レスポンシブ)対応されているか?

今私のブログに訪れる約6割がスマホです。

スマホでサイトを表示した際にスマホ表示に自動で変更されるか?

というのも重要視されています。

今では多くのワードプレステーマがレスポンシブ対応していますが、基本的にはこの記事で紹介している超高性能な無料テーマを使用すれば問題ないでしょう。

TCDから出ている有料テーマ以上にSEOに強く作られているという噂もあります。

ワードプレス無料のおすすめテーマとオススメプラグイン

 

[ad]

 

読者に情報を提供するという事が重要

この記事を見てもらえばわかりますが、内容は全て読者に情報を提供する内容になっています。

現在のGoogleは「読者の求めている情報を提供しているサイトか?」という事を重視しています。

日記というのは、あくまでも自分が今日何をしたのか?というただの記録であり、読者の疑問や問題を解決する物ではありません。

これが日記では審査が通過しない大きな要因です。

 

内容は日記でも書き方を変えるだけで情報発信になる!

実際には、半分以上の日記はただ書き方が日記なだけで、書き方を変えれば人の疑問を解決する事が出来る情報発信ブログへと早変わりします!

その書き方をここで紹介します。

例として「近所のおいしいとんこつラーメンのお店」についての記事を例に挙げてみましょう。

日記ブログになるダメな記事の書き方

今日は近所のとんこつラーメン屋さんに行ってきました。

混んでいたので1時間くらい並びましたがやっぱりおいしかったです。

 

・・・。

こんな感じですね。

「とんこつラーメン」「近所(場所)」「混んでいたから1時間並んだ」「おいしかった」

という事が書いてありますが、これはただの日記です。

facebookやTwitterでやってくださいってレベルです(笑)

 

日記ブログを情報発信ブログにする書き方

今回の記事では、とんこつラーメンで有名な博多元気一杯!!というラーメン屋さんを紹介します。

最寄駅は呉服町ですが、詳しい地図はコチラを参照してください。

もちろん味は絶品な上に、非常に珍しいカレー味の替え玉もあります。

ただし1つ問題なのが、私も昨日行ってきて分かったんですが非常に混みます(笑)

30分から1時間は並ぶ覚悟をしていきましょう。

でも、並んで食べる味は博多最強です!

 

・・・。

「とんこつラーメン」「近所(場所)」「混んでいたから1時間並んだ」「おいしかった」

という同じ条件でもこれだけ違う記事を書くことが出来ます。

言っている事は同じですが、書き方を少し変えるだけで自分の行動を記録した日記からレビュー(紹介)という形になり、読者に情報を伝える内容になっています。

場所・味・並び・・等が全て詳しく書いています。

この詳しく伝える・詳しく紹介するというのが読者への情報提供です。

 

まずは10記事書いたらアドセンス申請に出そう!

「どれくらい記事を書いたら審査に出せばいいのか?」

といったら、まずは10記事です。

ワードプレスブログは公開日時設定が出来るので、ブログ公開を過去投稿にして10日分投稿しましょう。

もちろん10日かけて1日1記事ずつ更新しても構いません。

そして10記事書いたらいよいよGoogleアドセンスの審査に出します!

 

審査中も1記事の更新は忘れずに!

アドセンス審査を通過したこのブログは審査を出した日から全く更新しなくてもアドセンス審査を通過しましたが、やはり更新頻度は重要なポイントです。

更新頻度が1日1回~5回あれば頻繁に検索エンジンのクローラーが回ってくるので、効率的に検索エンジンにインデックスされるようになります。

無理に複数回更新する必要はありませんが、最低でも毎日1記事は更新するようにしましょう。

慣れてくると1000文字以下なら30分もあれば書けるようになります。

まずはこの1記事800文字~1000文字を30分~1時間で書けるようになりましょう^^

コメント