個人で出来る最強のインターネットの販売手法は何か?

ブログ

私は欲DRMとかローンチを言う言葉を使いますが、この2つの手法は個人でも出来て最も短期間でお金を稼ぐ事が出来る手法なんです。

が・・・・・。

実際に個人でやる場合にはどのような手法がお勧めなのか?

今回は個人で出来るインターネットを使った最強の販売手法を公開します。

 

[ad]

 

スポンサーリンク

インターネットを使って販売する最強手法はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とローンチの組み合わせが最強

もし個人で(店舗もOK)何かインターネットを利用して商品やサービスを販売するのであれば、まずは基本的にDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)をお勧めします。

といってもネット上に多くの人が書いているような集客→教育→販売では無く、集客と情報発信の2つをメインにすればいいでしょう。

よく、販売したいからDRMを組むという方もいますが、そもそもまともな情報発信やライティングが出来る前からそんなことをやったところで売れないのは明白です。

まずは集まってくれた読者との距離を縮めるための情報発信をしていきましょう!

 

商品を販売するときにはローンチに切り替える

商品やサービスを販売するときは、情報発信の一部を”ローンチ”に切り替えて商品への興味付けから販売までを行います。

ネットビジネスを見た事のある方であれば「ローンチ」と聞くと詐欺なんて思うかもしれませんが、ローンチ自体はれっきとした販売手法です。(一部のネットビジネス業界が悪い使い方をしているだけです。)

 

まずは正しいローンチの意味と使い方を覚える

ローンチとは本来、立ち上げや公開、発進等に使われます。

つまり、、、

「○月○日に新しいサービスを公開するからみんな宜しくね!」

というように、1人でも多くの人に新たな商品(サービス)を買ってもらうためにあらかじめ興味付けを行い、少しずつ情報を小出しに公開しながら一気にセールスをかける手法です。

この”ローンチ”の手法は、ネットビジネスだけでは無く一般の店舗だろうと誰でも関係なく使うことが出来る手法です。

 

[ad]

 

一番身近で誰もが知っている”ローンチ手法”を使っているのは世界のアノ会社

最も多くの人が見た事のあるローンチでは、appleが新型iPhoneを販売するときに使う手法が最も多くの人が目にしたことがあるのではないでしょうか?

基本的には販売される数カ月前から新たな形や機能が「リーク」「流出」という形で少しずつ公開されていき期待感を少しずつ高めていきます。

そして販売が近づくにつれどんどん情報が詳細になっていき、今までと比べて何がすごいのか?

何が画期的に進化したか?

何か新しい機能はあるか?

等を明かしていき、興味や関心を最大限まで高めたところで販売するわけです。

 

日本で有名なローンチ手法はスマホゲーム

apple以外で日本で有名なローンチ手法を使っている市場といえばスマホゲームの市場が最も多いと思います。

テレビやネットでの広告から始まり、事前予約→予約数に応じてプレゼントがランクアップ→公開という、プレゼントまで付いたまさに理想的なローンチ手法です。

私もですが、多くの方がこの手法でスマホゲームをDLしたことがあるのではないでしょうか?(笑)

 

正しいローンチは詐欺では無くただの手法

ローンチ=詐欺では無く、ローンチはただ新しい商品を公開する事を告知し、興味を持たせ、開始と同時にいいスタートを切るためのただの手法です。

この手法を悪い方に使っているのが一部のネットビジネス集団で合って、本来のローンチの手法は純粋に素晴らしものです。

 

個人で行うローンチは商品の紹介から公開(販売)まで

それでは話を戻して個人でDRMからローンチを行う際の方法です。

といっても、日頃情報発信を行っているので特に難しいことや特別な事を行う必要はありません。

ただ単に、○月○日に○○な商品が発売される!という事を告知すればOKです。

そしてその日を起点に、商品に関する情報や実際に使った方の声を数回(数日)に分けて配信し、最終的に販売までを行います。

 

ローンチで販売までにかける理想的期間は5日まで

もしあなたが実際にローンチで何かを販売するのであれば、ローンチ開始から販売(ローンチ終了)まで5日で終わるようにしましょう。

この理由ですが、実際に私がステップメールで販売を行っていた際のデータから、初日から5日を超えると大幅にクリック率が下がったというデータがあります。

これは現在のLINE@でも同じなので、人の興味は頑張っても5日以上は続かないという事の表れでしょう。

 

販売をダラダラと行わない様に注意する

どんなに売れないからといって、延長!延長!というように販売を継続してはいけません。

もし延長する場合は一旦販売を中止した後に、特別に2日間だけの限定販売というように、常に期間を設定して販売を行い、その期間内のみ販売を行うようにしましょう。

この期間限定販売を行う事によって、「今しか手に入らない」という事を無意識で分からせることが出来ます。

 

情報の公開の順番や構成は通販番組を真似する

誰もが絶対に1度は見た事のある通販番組ですが、実はあれが最も商品を販売するための流れを纏めてくれています。

ジャパネット高田やテレビショッピングなど・・・。

どんな順番で話していて、いつ商品の購入がスタートするか?

更にどんなおまけがついてお得感を出しているのか?

どんな条件をつけて視聴者に購入を急がせているか?

この辺をよく注意しながら見て、実際に自分の商品を販売できる流れを作ってみましょうね^^

 

コメント